ホーム > 仕事 > 会社を作るときただお金を払えばいいというわけではない

会社を作るときただお金を払えばいいというわけではない

会社を作るとき、ただ会社を作りたいとして、役所に

いけば自動的にできるというものではありません。

きちんと規程の書式もあれば公証役場での認証というものも

あり、会社の設立に必要な事項をまとめなくてはいけません。

まとめた上で役所でその結果に関して、ある意味合否を

得るというようなことを行っているわけです。

勝手に行って、お金を払えばOKというような話ではなく、

自分達で要件を満たした書類を作成して、それが法に

載っとっていて、承認を得ないとダメということがあり、

その分難しいことがあります。

自分の会社だからと好き勝手にルールを決めて、その通り

にやっていればいいというようなものではないということです。

自分の会社でルールをつくりたいのであれば、それは

内部の話になりますので、自由にやってかまいませんが、

それでも法による制約を受けるということにはなってしまいます。

この最初の定款の部分は完全に法の制約を受けるため、

注意して作成していく必要があります。

LUXE シャンプーで頭皮ケア